現実には、合同会社の運営手続きは株式会社とほぼ変わりありません。

日常の取引、経理処理、給料計算、税金や社会保険等の各種手続き方法、それらの事務的・金銭的負担は全く同じと言って差し支えないでしょう。

強いて違いを挙げるとすれば、株式会社では数年に一度、取締役の再任登記(その際の登記費用1万円)が必要ですが、合同会社はこの手続きが必要ありません。