一株あたりの金額

会社設立において、考えなければならない重要ポイントの一つが資本金の金額です。

 

当サービスで取扱う会社設立では、資本金の金額は100万円、300万円、500万円くらいがボリュームゾーンですが、資本金の金額を決めたら、次にその資本金を何株にするのか、言い換えれば、一株をいくらにするのかということも決めなければなりません。

 

現在の会社法では一株あたりの金額は自由に決めることができます。

例えば資本金100万円で会社設立する場合、一株1円として百万株発行することもできますし、一株100万円として一株だけ発行することもできるというわけです。

 

このように一株あたりの金額は自由に決められるわけですが、実務上は一株1万円、または一株5万円とするケースがほとんどです。

 

例えば資本金100万円で会社を設立する場合、一株1万円とするなら設立当初の発行株式数は100株となります。一株5万円とするならば20株となりますね。

 

わかりやすいのは一株1万円でしょう。

例えば資本金が300万円なら、300株が発行されているとすぐにわかります。

この株式を二人の株主が50%ずつ保有しているケースなら、150株=150万円ずつ保有しているなとすぐに暗算できますね。

 

一方、一株5万円の会社設立も多いようです。

これは平成13年までの旧商法で、「無額面株式の発行価額は5万円を下回ってはならない」という規定があったことの名残ですが、現在ではこの規定は撤廃されていますので、特に気にする必要はありません。

ただ、一株1万円に比較して、一株5万円は何となく格式があるような感覚がするのも確かです。

 

当サービスでもお客様のご希望をうかがいながら、ほとんどの会社設立で一株1万円、または5万円のいずれかに設定しております。

→会社設立の基礎知識へ戻る

▲このページのトップに戻る