商号を決める前に

会社設立において、まず最初に考えておかなければならないのが商号、すなわち社名です。

言うまでもなく、会社にとって商号は重大な意味を持つものです。

これからおそらくは何十年も、その名前を背負って事業をしていくわけですから、商号についてはどれほど考えても考えすぎるということはないでしょう。

 

実際には会社設立をした後でも、数万円の登記手数料を払えば商号は自由に変更することができます。

しかし基本的にはいったん命名に失敗したら後はない、まさに真剣勝負だという気持ちで(商号に限らず、会社設立そのものに当てはまることですが)商号は決めていただきたいと思います。

 

会社設立で商号を決める前に、商号に関する規制は最低限理解しておく必要があります。

まず商号として使える文字の制限です。

商号に使えるのは漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字が使用できます。

逆に上記以外の文字、例えばハングル文字やアラビア文字は使用できません。

記号もごく一部を除いて使用不可とされています。

 

商号には「株式会社」という単語を入れる必要もあります。

商号の最初に入れて「株式会社○○」とする場合はまえかぶ、最後に入れて「○○株式会社」とする場合はあとかぶと言われます。

これをどちらにするかは商号全体のイメージで自由に決めていただければよいと思いますが、感覚的には最近の会社設立においてはまえかぶの方が心もち多いような気がしますね。

 

もう一つ、以前は商号に関して類似商号規制というものがありました。

これは同一市区町村内においては同じ商号の会社を設立してはならないという決まりで、会社設立業務においては、類似商号が登記されていないか確認する手続きがたいへん重要でした。

この規制は平成18年に廃止されたため、現在の会社設立では他社の商号に神経質になる必要はありません。

→会社設立の基礎知識へ戻る

商号の決め方

それでは商号を決める際に一番重視すべきポイントは何でしょうか?

 

例えばイメージを重視してカタカナやアルファベットの商号にするか、わかりやすさ・伝わりやすさを重視して「○○建設」「○○不動産」のような商号にするかという点も大切でしょう。

 

しかし当事務所から最もお伝えしたいことは、会社設立する皆様ご自身にとって気持ちの良い商号にして下さいということです。

名刺を交換するたびに、電話で名乗るたびに、「俺はなんて素敵な会社名を考えたのだろう」とうっとりするくらい、自分好みの名前にしてほしいということです。

 

そもそも皆様はなぜ会社設立をされるのでしょうか。

経済的成功のため、社会貢献のため、様々な理由があると思いますが、突き詰めればそれが自分自身にとって心地よいものでなければならないと馬場税理士事務所では考えます。

あまりにもお客様心理や市場調査を重視して会社名を考えた結果、なんだか自分自身の心には響かない社名にしてしまったら何のために会社設立したのかわからなくなってしまうと思うのです。

 

但しご自身の好みを重視されるとしても、以下のようなケースは運営上不利になる恐れもありますのでご注意下さい。

・お客様が読めないような難しい漢字を使う。

・電話で名乗りにくいほどの長い社名にする。

・明らかに反社会的であったりイメージの悪い語句が使用されている。

 

そのほかに商号についてのポイントは何があるでしょうか。

 

最近の会社設立ではホームページの活用など、インターネットとの関連を無視することはできません。

そのため商号についても対インターネットを意識される方が多いのですが、馬場税理士事務所としてインターネットを意識しすぎる必要はないと考えております。

と言いますのは、インターネット上の宣伝文句、SEO対策でページタイトルやキーワードに使う文言は商号と何のつながりもなく自由に決めることができるからです。

 

それから、一昔前までは電話帳に掲載される順番を考えてアイウエオで始まる社名を希望される方がおられました。

しかしながらスマホ全盛の今日、電話帳は恐竜や公衆電話と同様に滅びつつあるものなのでこれも全く意味がないと考えていただいてよいでしょう。

→会社設立の基礎知識へ戻る

▲このページのトップに戻る