住民税について

住民税は原則として甲欄の会社から全額を天引きします。

上述のように所得税は甲欄、乙欄の両方から天引きされますが、住民税は両方の給料を合計して算出された税額をすべて甲欄側の給料から天引きするということです。

ただ住民税は前年の給料に対して課税されますので、合算した住民税が天引きされ始めるのは会社設立した翌年の6月からということになります。

→会社設立の基礎知識へ戻る

▲このページのトップに戻る